エアコンのカビ防止について

お問い合わせはこちら

エアコンのカビ防止について

エアコンのカビ防止について

2021/10/11

エアコンをつけた際に「なんだかにおう…」と感じたことはありませんか。
実はエアコンのにおいの原因は、エアコン内部に潜む「カビ」です。
この記事では、エアコンのカビ防止について説明します。

エアコンのカビは病気の原因になる

エアコン内部に発生したカビを放置しておくと、エアコンの風に乗って吹き出したカビが体内に入ります。
カビは、咳や喘息・アレルギーなどの体調不良につながるケースがあります。
体調不良になってしまう前に、エアコンの掃除やクリーニングを実行しましょう。

カビが生えやすい場所

カビは、気温が20度以上、湿度が60%以上の高温多湿の中で繁殖します。
エアコンの内部は、カビが繁殖しやすい環境が保たれているので要注意です。
なかでも、以下の3か所は特にカビが発生しやすいです。

・フィルター
・吹き出し口
・フィン(熱交換器)やファン

今すぐできるエアコンのカビ対策

エアコンのカビ対策として、簡単な方法を3つ紹介します。

送風運転をする

送風運転は、エアコンの内部を乾燥させてくれます。
3~4時間送風運転を続けておくと、カビが発生しにくい乾燥した環境になります。

エアコン内部をきれいにする

カビが生えやすい場所を中心に、こまめな掃除をすることがカビ対策に繋がります。
汚れをふき取るときは柔らかい布が良いですが、汚れがひどい場合は湿らせた布を使いましょう。

エアコンフィルターのお手入れをする

フィルターを外して、掃除機でホコリを吸い取りましょう。
水洗いができるフィルターの場合は、洗って乾かしてから取り付けます。

まとめ

エアコンのカビは、体調不良にもつながるので、カビ対策をしてエアコンをつけるようにしましょう。
エアコンシーズンに入る前に、クリーニング業者に掃除をしてもらうことも効果的です。
弊社では、エアコン内の汚れをきれいにするお掃除マイスターも在籍しています。
業務用エアコンもクリーニング可能なので、オフィスのエアコン掃除もお任せください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。